低地を底地にすることは可能?

低地を底地にすることができるのをご存知ですか?その方法とは一体!? - 低地を底地にする時に地主がやるべき事と注意事項

低地を底地にする時に地主がやるべき事と注意事項

ykufkuyf
低地は一般的に周囲と比べて低い土地の事を言います。
例えば海抜の低い土地等です。
日本で言えば、東京の麻布界隈では西側と東側では大きく違いがあり、西側の南麻布あたりは、高台もありますが、その分谷筋等もあります。
こうした低い土地でも、現在では、整備が進み、人が住みやすくなるように工夫がされています。
低地とは知らずに土地を購入してしまい、その土地を人に貸し、地代収入を得ている場合には呼び方が変わり、低地から底地へと変化します。
低地の取り扱いについて困りごとや分からない事が生じた時には、ななみ都市開発に相談すると共に、詳しい知識を提供してもらいながら底地にしてしまうと言うのも良い方法だと言えます。
ななみ都市開発の評判 http://blog.livedoor.jp/real_estate773/archives/1638538.html

借地契約をする時に地主としてやるべき事とは?

低地であっても自分の土地なら有効活用したいものです。
せっかくの財産ですから、放置しておくと言うのは非常にもったいないもので、そう言った場合にはななみ都市開発に相談し、底地にしてしまう事がおすすめです。
この底地にする場合の借地契約をする時には、いくつかの注意点があります。
普通の借地権についてはもちろんの事、定期借地権の場合でも、契約書は締結しておく事がおすすめです。
通常であれば、借地権に関して、契約書は必ず必要となるものではありませんが、言った、言わない、等のトラブルになる事を想定すると、内容が明記されている契約書を交わす事が無難なのです。
トラブル回避の為、明確な内容で契約する為、借地人との今後の長い付き合いを考えれば、契約書はしかるべきところで作成して、しっかりと交わす方が良いのです。

契約書の内容には低地である事を明記した方が良い?

これはあらかじめ契約書の内容に含めておいた方が良いでしょう。
建物を建てる場合の条件として、水抜き穴の必要性や、ブロック塀を作る場合はこう、樹木を植える等して工夫をするなど、様々なものがありますが、水害に合った時が一番トラブルになりやすいので、低地である事は正直に明記しておいた方が良いでしょう。

低地であっても底地にした場合、地代は値上げしても良いのですか?

底地の契約と言うのは、時には何十年にもなる事があります。
場合によっては親の世代から底地である事も珍しくありません。
地主としては、時代の変化と共に、地代も値上げしたくなる事もあるでしょう。
契約した時期がいつであっても、基本的には不動産と言うのは時価が毎年変動するものなので、地主と借地人の間で、合意出来る環境があれば、地代の値上げは可能となります。
この時にしっかり守らなければならないのは、借地人との合意と言う部分です。
これが守られていない場合は、トラブルになりますので、良く話し合う事が必要になります。

底地は相続や生前売却する事が出来るのでしょうか?

低地であっても底地にした土地は、一定の要件を満たす事によって、相続させる事が出来ます。
また、物納する事も、同じように一定の要件を満たす事によって可能となります。
生前売却については、意外なメリットがあります。
底地を相続させれば、相続税がかかりますが、生前売却をする事で、相続税の節約になります。
その他にも納税資金を確保出来るようなりますので、相続税の事を考える場合には一つの選択肢として生前売却も加えておくと良いでしょう。
また、借地人との間、相続人との間の、トラブルも回避する事に繋がります。
しかし生前売却する場合も、周囲との話し合い等は行うべきです。
この点に注意をすれば、メリットの大きな選択肢になると言えます。

地代の滞納、借地を返してもらう場合は?

地代を滞納されている場合は、地代の請求をする事が出来ます。
催告をする場合は、内容証明で請求する事がおすすめで、証拠として残す事が有効です。
それでも支払いが無い場合は、契約の解除の意思を内容証明で通知する事も出来ます。
さらにその後も対応が無い場合には、訴訟を提訴擦る事になります。
この状態になると、既に借地人との交渉のレベルでは無くなりますので、借地を返してもらう事を前提に争う事になっていきます。
地代の滞納が無い場合で、借地を返してほしいと言う時には、話が異なります。
法律上では、土地は地主の物ですが、借地人の権利は法律で守られています。
簡単には返してもらえないのです。
借地借家法と言う法律に違反するような事柄があったと言う、正当事由を添えて、訴訟を提訴するか、借地人との交渉をする必要が出てきます。

低地を底地にする事のまとめ

低地であっても、その土地を貸して底地にする事が出来ます。
その際には、低地である事を明記した契約書を交わしておく事が無難で、後々のトラブルを回避する事が出来ます。
また、返却してもらいたい場合には、正当事由が無ければ簡単には返してもらう事が出来ませんので、内容証明や訴訟等を上手く使って借地人と交渉する機会を設ける事が必要になります。